大川原脳神経外科病院のオフィシャルサイトです

看護部

看護部の特色看護理念  その人らしさを大切にする看護

看護方式

  • 急性期病棟:プライマリーナーシング、機能別看護
  • 回復期リハ病棟:プライマリーナーシング
  • 障害者病棟:機能別看護

看護部長挨拶未来に向かって、「できること」を見つけましょう!</span >

看護部長
高場 真佐美(たかば まさみ)

2020 年4 月看護部長に就任致しました。

私は、これまでの学びと経験から看護師は患者様がどのような状態にあってもどうありたいか、どうしてほしいかを常に考え悩み提案し、そして選択していただけるようお支えすることがとても重要だと感じております。

私たち看護師が、患者様に害を与えることはあってはいけません。
当たり前のことと感じますがそれを徹底して実践し続けることは、看護師個々の専門職意識、つまり看護倫理が定着していなければ困難であると考えています。

さらに、今後は人生100年時代と言われ誰もが経験したことのない状況を私たち自らが創造し、多種多様な状況に対応できる自立した看護師が必要となります。

看護の仕事に真摯に向き合い誇りを持ち、患者様やご家族のお一人お一人の“貴方らしく”を大切にする看護師の育成と職場風土作りを目指します。

病院の存在理由

大川原脳神経外科病院は、24時間体制で脳卒中の急患を受け入れて診療する胆振日高地方で唯一のSCU(脳卒中ケアユニット)を有した病院です。

看護部の存在理由

看護管理

看護師は一般外来、救急外来、手術棟、急性期一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、障害者一般病棟に配属されます。
脳血管障害後に現れる機能障害や患者の状態を考え看護倫理に基づく看護を提供します。

看護の視点は、苦痛を軽減し安全な治療環境を提供すること、回復力を高める支援をすること、安全安楽な療養環境を提供することであり、患者の状態に応じた看護を実践しています。

清浄な空気の提供と身体の清潔に看護の力を発揮しています。

健康管理

看護師が健康を維持し長く働けるよう、看護師一人当たりの業務負担について、受け持ち患者数だけでなく業務量・質・密度を数値化するなどして評価しています。

看護実践力を維持するために、看護以外の業務を他職種に委譲するなど看護提供体制の再構築に迅速に取り組んでいます。

教育

教育機関へ非常勤講師の派遣、看護実習指導者を配置しています。
新人教育は、十分なトレーニング期間を設け「できるまで」丁寧にサポートします。
いきなり臨床現場からスタートすることはありません。
継続教育は、e-ラーニングを中心にしており、いつでもどこでも知識や技術の習得が可能です。

急性期病棟
(56 床、10:1),SCU(4 床、3床運用3:1)
回復期リハビリ病棟
(40 床、13:1)
障害者病棟
(37 床、10:1)
外来
(診察室 5)、救急外来
手術中材
(手術室、血管造影室、医療材料管理)
8:45 ~
患者さんの情報収集
9:00   ~ 12:30
清潔ケア、検温、体交・おむつ交換
12:30 ~ 14:30
交代で昼休憩、食事介助
13:00 ~
カンファレンス
13:30 ~
清潔ケア、検温、体交・おむつ交換
16:30 ~
看護記録
17:15
終業
  • 保清、食事介助などの業務に応じて複数の患者さんに看護を提供します。
  • 患者さんの受け持ち看護師はいません。
  • 看護師は係業務を専ら行います。
  • 様々な業務に忙殺されることはありません。
  • 係業務のスキルが磨かれます。
  • 別の係業務に移行する選択肢もあります。
  • 専門的な領域に進む選択肢もあります。
  • 患者の表情や顔色、排泄物などを観察して体調を知ることができます。

教育理念

  • チーム医療に対応できる看護実践能力の育成

教育方針

  • 看護者の倫理綱領に基づき倫理的行動ができる看護師を育成する。
  • 継続的学習によって、自己のキャリア開発ができる看護師を育成する。

部署の教育(集合教育)

4 月
新規採用者オリエンテーション、看護技術演習・臨床実践
5 月
診療の補助業務・ICU 業務習得と臨床実践、救急外来見学
6 月
夜勤業務習得度評価・管理面(医療安全、感染管理、看護過程、重症度医療看護必要度など)業務習得
7 月
夜勤業務とは
9 月
日勤・夜勤リーダー業務とは
10 月
リフレッシュ研修
翌年3 月
プリセプター研修

部署の教育(OJT)

4 月
職場環境に慣れる。看護技術臨床実践
5 月
診療の補助業務・ICU 業務実践、救急外来実践
6 月
夜勤業務習得度評価・管理面(医療安全、感染管理、看護過程、重症度医療看護必要度など)業務実践、軽症患者受け持ち、ICU
患者受け持ち
7 月
夜勤開始
9 月
日勤・夜勤リーダー開始
翌4 月
プリセプター
  • プリセプター
    看護技術やその他の業務に関して評価するチェックリストを使用します。
    プリセプティの到達度をプリセプティと一緒に確認し、無理のない計画修正を行います。
  • プリセプティ
    到達度を1 か月、3か月、6 か月、1 年に自己採点します。
    「基準」または「自分の目標」に達しているかの点検を行います。

看護実践能力を段階的に習得することができます。
Ⅰ(概ね卒後1年)基礎の習得
Ⅱ(概ね卒後2年)
Ⅲ(概ね卒後3~5年)
Ⅳ(概ね卒後6年以上)

キャリアステップ

STEP1

Ⅰ(概ね卒後1年)

基礎の習得

注射技術,心電図モニター,急変対応,
コミュニケーション、末梢静脈カテーテルの留置,
輸液ポンプ・シリンジポンプの操作,看護記録,
重症度・医療・看護必要度,フィジカルアセスメント,
口腔ケア,排痰・吸引,褥瘡処置,人工呼吸器の操作,
尿路カテーテルの留置,薬剤の投与,採血,
転棟・転落予防策,看護倫理の基本, 感染予防策の基本
(手指衛生・個人防護具・ワクチン接種)

STEP2

Ⅱ(概ね卒後2年)

基礎の習得/ 中堅/ リーダー育成

メンバーシップ「チームSTEPPS」, 看護過程の展開,A
ラインの管理, フィジカルアセスメント,
末梢静脈カテーテルの管理,
輸液ポンプ・シリンジポンプの管理,
看護過程,褥瘡ケア,人工呼吸器の管理,
尿路カテーテルの管理,
感染予防(経路別予防策・在宅の感染予防)

STEP3

Ⅲ(概ね卒後3~5年)

中堅/ リーダー育成

リーダーシップ,プリセプター,
データベースに基づいた看護過程の展開,
看護研究,感染予防
(デバイス関連感染サーベイランス基礎)

STEP4

Ⅳ(概ね卒後6年以上)

中堅/ リーダー育成/ 看護管理

部署の問題解決,臨床実習指導,
認定看護管理者ファーストレベル・セカンドレベル,
感染管理レベルアップコース,
感染予防(アウトブレイク時の対応)

  • ビジュアルナーシングメソッド
    「根拠・医療安全・感染対策・コツ」を確認しながら看護手順が学べます。
    また、手順の確認だけでなく、動画で細かい動作等も確認できます。
  • 学研ナーシングサポート
    オンライン講義のネット配信です。著名な講師による最新の講義を聴講できます。
    リンクは、こちらをクリック>https://gakken-meds.jp/gns/</a >

特定の看護分野における専門の看護技術と知識を有する認定看護師を育成するために、一定の要件を満たしている場合に認定看護師資格取得支援を行っています。
認定看護師研修教育機関での研修期間は当院に在籍のまま修学できます。
身分の保障、給与に相当する額の支給があるため、生活の不安を感じることなく勉強に集中できます。

感染制御室が独立した部門として設置されました。
感染管理プログラムの立案及び導入において組織的に強力にサポートしてくれます。
感染管理支援システムを導入しました。
尿路カテーテル関連尿路感染症サーベイランスを行っています。
手指消毒使用量サーベイランスを行っています。
統計解析や研究発表において医師が強力にサポートしてくれます。

認知症看護認定看護師の役割は、専門的な知識や高度な看護技術を用いて、認知症の人の権利を守ること、入院(生活)環境を調整すること、自己決定を支援すること、ご家族を支援することに加え認知症看護の質向上のため以下の活動を目指しております。

  • 臨床での認知症ケア実践の協働
  • 事例カンファレンス参加とケア提供の検討
  • 看護師、他職種へ助言、指導
  • 認知症に関する学習会企画、開催
  • 認知症ケアマニュアル作成、運用
  • 2F</span >急性期病棟

    急性期の患者さんは、短時間に症状が変化することもあるため、観察力とスピーディーな行動は、常に必要とされます。
    その中で、患者さんの苦痛が軽減されたときは喜びを感じることもあります。
    また、重度の障害が残った患者さんには、患者さんの出来ることを見つけ支援するよう努めています。
    最新の設備にも触れ、看護師として更に成長していける職場だと感じています。
  • 3F</span >回復期リハビリテーション病棟</span >

    回復期リハビリ看護の認定過程では、生活の全てがリハビリの場であると学びました。
    PT・OT・ST
    による訓練は、最大で3時間なので残りの21時間をどのように過ごすかによって回復は大きく変わります。
    看護の究極の目的は、看護の対象となる人の自立を助けることです。
    リハビリ看護には、看護の基本と面白さが詰まっていると思います。
  • 4F</span >障害者病棟

    障害者病棟に勤務して7年目になります。
    始めは15時までのパート勤務でした。
    出産後10年のブランクがあり働く事が不安でしたが、丁寧に教えて頂き早く仕事を覚えることができました。
    病棟の特性上、患者さんとのコミュニケーションが難しいケースもありますが、ケアの後、患者さんがにっこりと微笑んでくれた時はとてもやりがいを感じる瞬間です。

PAGETOP
(c) Ohkawara Neurosurgical Hospital inc.