大川原脳神経外科病院のオフィシャルサイトです

薬剤部

基本方針

わたしたちは最適な医療をめざし患者さんに安心で安全な薬物治療を受けていただけるよう努めます

  1. 患者さん一人ひとりの薬物療法の安全と質の向上に努めます
  2. チーム医療を推進するために、多職種との連携をはかります
  3. 他院や保険薬局等との連携を推進し、薬剤情報の共有に努めます
  4. 日頃から災害に備え、災害時にも医薬品の供給と品質管理に努めます
  5. 安全で質の高い医療を提供するために、専門職として自己研鑽に努めます

薬剤部の仕事内容

処方箋に基づく調剤業務

入院患者様に対して、院内調剤を行っています

私達は、基本である調剤業務の他、医師・看護師など他のスタッフとともにチーム医療への参加を積極的に行っています。
薬剤師の個性は違いますが、各々が持つ個性を尊重し、十分に活かす事のできる環境作りを行い、様々な角度から医療を提供できる薬剤部を目指しています。

持参薬の鑑別・当院処方薬との相互・重複の確認

入院患者さまの病棟での服薬指導

入院患者様の既往歴、副作用・アレルギー歴、入院時の持参薬等を確認し、必要に応じて服薬されるお薬の説明を行います。患者様の情報を医師や看護師にフィードバックし、正しく安全に薬の服用をして頂けるように努めています。

  • 医薬品の購入および品質管理
  • 各部署への薬剤の払出
  • 病院スタッフからの問い合わせへの対応
  • 院内製剤の調整
  • 麻薬・向精神薬等を含む薬剤の管理

外来でのお薬について

当院では院外処方を行っております。当院窓口で発行する処方箋を持参の上、かかりつけ調剤薬局でお薬を受取ってください。
調剤薬局・病院等からお薬手帳が発行されています。病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。なお、院外処方箋の有効期限は4日間ですので、できるだけ早めにお薬を受取って
ください。
お薬についてのご相談は当院外来医師、院内薬剤師、調剤薬局薬剤師がうけたまわります。
お気軽にご相談ください。

設備について

無菌室という細菌のいない部屋で、クリーンベンチ、安全キャビネットという設備を使い、高カロリー輸液(栄養剤)、抗癌剤の調製をしています。抗癌剤を使用している患者様の調製は、一人ひとりファイルを作成し、投与スケジュールや投与量等のチェックをしてから行っています。

 


PAGETOP
(c) Ohkawara Neurosurgical Hospital inc.