ケーススタディ発表 30.3.13

    

 

ケーススタディとは、ある1つの事例(ケース)に対して仮説を立て、それを検証していく研究のことです。

自身の看護を見直すため、看護技術の向上のために実施される非常に重要な勉強の1つです。

今回は昨年の4月に入職し、来月で1年がたとうとしている新人看護師4名の発表でした。

初めての取り組みに、どのように実施すれば良いのか、どのように記述すれば良いのか、悩むこともたくさんでしたが、

先輩たちのサポートで無事発表することができました。

  

 

自分の力でアセスメントや看護診断などを行うことによって、問題解決のプロセス構築や倫理的思考の訓練をできたのではないかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る