『日鋼記念看護学校』の学生による施設見学が行われました。

日鋼記念看護学校1年生68名が脳神経外科の勉強をかねて病院見学に来ました。

 

 

  

実際の手術映像を使って脳神経外科の特殊な疾患について吉川医師より、

手術中の麻酔について稲村医師よりお話いただきました。

初めて見る実際の映像に驚く場面もありましたが、熱心にメモをとり真剣に耳をかたむけていました。

 

また、手術室では模型を使った体験や、当院でしか見ることのできない新しい機械を見学。

   

最後に大川原理事長より医療者をめざす学生へむけた挨拶をもらい施設見学を終了しました。

本日,説明して下さった方々の言葉には、当たり前かもしれませんが“患者さんのために”という思いをとても感じました。将来、自分もそういった思いを持った看護師なりたいと思いました。    アンケート)本日一番心に残った事、感想より。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る