2018年9月13日 看護研究発表会が開催されました。

外来、手術室、急性期病棟、回復期病棟、障害者病棟の5部署の代表者がさまざまな内容をテーマに、取り組んだ研究の成果を発表しました。

 

日鋼記念看護学校の内藤校長も参加くださり、「良い医療を提供するためにどうすればいいのか。そういう視点で自分を高め、これからも研究に取り組んでもらいたい」とご指導くださいました。

  

最後に「これからも実践に根ざした看護研究を行い、今後につなげていってほしい」と理事長からの言葉をもらい、今年の看護研究発表会を終了しました。