椿先生によるマナー講座も今回で6回目を迎えました。

接客・接遇マナーのスキルアップは、あらゆる職種に必要不可欠です。

理屈では理解していても、現場では、仕事が忙しく余裕がなかったりすると対応が事務的になったり、おざなりになったりしがちです。

定期的に接遇・マナー講座に参加し、相手との接し方について改めて考える事はとても大切なことと受講するたびに感じます。

 

  

今回は『上手な会話の仕方』『相手の気持ちを不快にさせない断り方』などを中心に患者さん、看護師、医師役にわかれロールプレイング方式で実践。

   

前田院長も参加してくださり、実際の患者さんへの接し方、会話の仕方を見せてくれました。

患者さんが安心する言葉、話し方、雰囲気の作り方を学ぶことができました。

明日からの業務に活用していきたいと思います。